MENU

鎌倉市・藤沢市・逗子市の外壁塗装&雨漏り専門店 リズムペイント|外壁塗装・屋根塗装のことならお任せ

お気軽にお電話下さい

0120-104-056 電話受付 9:00~18:00(日曜・年末年始定休)

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約 クオカードプレゼント中
  • まずは3社の見積を比較 お見積依頼 お気軽に連絡下さい

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 雨漏り > 【鎌倉市・逗子市】縁切り・タスペーサーについて

【鎌倉市・逗子市】縁切り・タスペーサーについて

鎌倉市、逗子市の皆様こんにちは!

鎌倉市、逗子市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のリズムペイントです!

 

屋根塗装の工程のひとつである「縁切り

縁切りを怠ってしまうと塗装後に雨漏りなどの様々な不具合を引き起こしてしまうおそれがあります。

ここでは屋根塗装で行う縁切りとは何か具体的な方法と併せて解説します。

 

屋根塗装で行う縁切りとは?

屋根塗装において重要な工程である縁切りとは、どのような作業内容なのでしょうか。

縁切りの目的

屋根塗装の縁切りとは、瓦同士の隙間が塗料でふさがれないようにする作業のことです

基本的に金属屋根以外の瓦は、瓦同士に隙間を作って施工します。

それにより、以下のような効果があります。

  • 屋根下地の通気性が確保できる
  • 内部に侵入した雨水が軒先に流れる

 

屋根塗装を行う際一気に全面を塗装すると、瓦の隙間を塗料によりふさがれてしまいます。

屋根の通気性が悪化し雨水がうまく排水されず最悪の場合は雨漏りにつながります

そこでふさがった部分の塗膜を切る(縁を切る)などの、縁切りの作業を行います。

屋根だけでなく建物の耐久性を維持するためにも

 

縁切りは屋根塗装において重要な工程です!

 

縁切りの方法

屋根塗装の縁切りは、主に以下3つの方法があります。

  • 瓦重ね部のはけ塗り
  • 屋根塗装後に縁切り
  • 縁切り専用タスペーサーの使用

それぞれの具体的な作業内容を紹介します。

瓦重ね部のはけ塗り

瓦重ね部のはけ塗りは瓦同士の隙間が作られている重ね部分に塗料がつまらないように

ひとつひとつはけで丁寧に塗装を行う方法です。

 

作業は、以下の手順で行います。

  1. 塗料が入り込まないよう、瓦の隙間をマスキングテープなどで養生
  2. ローラーや吹き付け塗装で屋根全体を塗装し、養生を外す
  3. 養生で隠れていた瓦の隙間部分をはけ塗りで塗装

はけ塗りは仕上がりがきれいになる分、時間がかかる作業です。

屋根塗装後に縁切り

はけ塗りと異なり、瓦の隙間部分に養生は実施せず、屋根全面を塗装します。

塗料が十分に乾燥したあと、隙間に入り込んだ塗料をカッターなどの

専用工具を用いて取り除きます。

屋根の塗装後に縁切りをする方法は以前は主流でしたが、今ではほとんど採用されていません。

はけ塗りほどではないですがひとつひとつカッターで縁切りを行う必要があるため、作業に時間がかかるのです。

 

さらに、以下のようなデメリットがあります。

  • カッターで瓦が傷つくリスクがある
  • 塗装後の屋根に職人が乗るため、足跡や汚れが残るおそれがある

そのため現在はタスペーターを使用する縁切りが一般的な方法です。

縁切り専用タスペーサーの使用

縁切り専用タスペーサーを使用する方法は、画期的な方法として

最近の屋根塗装工事で広く採用されています

屋根塗装は基本的に、下塗り・中塗り・上塗りの3回重ね塗りして、塗料の密着度を高めます。

最初の下塗りが乾燥したあと、縁切り専用の専用部材であるタスペーサーを瓦に差し込みます

 

縁切りが必要なのはスレート屋根

すべての瓦屋根で縁切りの作業を行うわけではありません。縁切りが必要なのは、スレート屋根です。

理由は、スレート屋根は瓦が薄いため瓦同士の隙間がわずかで

塗料でふさがれてしまうリスクが高いからです。

スレート屋根の構造は下の図のようになっています。

引用:国土交通省 国土技術政策研究所「木造住宅外皮の設計施工に起因する不具合事例集

瓦同士が重なり合っており、重なり部分にわずかな隙間があることがわかります。

塗装を行うと、この部分に塗料が入り込むため、縁切りが必要です。

一方、セメント瓦は十分な隙間があり日本瓦や陶器瓦の場合はそもそも塗装の必要がありません。

そのため、メンテナンスで隙間がふさがれる心配はありません。

 

縁切りをしないとどういうトラブルが起きる?

スレート屋根の塗装で縁切りをしないと、以下のような問題が発生します。

  • 瓦の通気性が悪化
  • 凍害やカビ、コケの発生
  • 下地材の腐朽ふきゅう
  • 雨漏りの発生

瓦の通気性が悪化

前述したとおり、瓦同士の隙間は瓦の通気性を維持するために設けられています。

当然、隙間がふさがれてしまうと通気性が悪くなり、湿気がこもってしまいます。

また、塗料で雨水がせき止められて排出されません。

結果として瓦が常に湿潤状態になり、劣化を早めてしまいます。

凍害やカビ、コケの発生

瓦の湿潤状態が長期間続くと、カビやコケの発生を引き起こします。

カビやコケは瓦にとって天敵です。

カビやコケが瓦に根を張ると繁殖しどんどん広がっていき劣化を促進させます。

カビやコケが発生した箇所は、根っこが瓦の内部に侵入して水分を蓄えます。

最終的に、瓦が水分を含みボロボロになっていくでしょう。

もろくボロボロの瓦は、もはや雨を遮る効果は持っていない状態です。

やがて屋根の下地材にまで被害が及ぶでしょう。

ここまで劣化症状が進行すると、瓦のき替えを行う必要があります。

下地材の腐朽ふきゅう

瓦の湿潤状態が長期にわたって続いたり、瓦がもろくなったりすると

瓦を固定しているくぎの穴などから雨水が屋根の防水シートや下地材にまで侵入します。

下地材に水分が含まれると、自然に乾燥はしないため、やがて下地材が腐朽します。

下地材が腐ると柔らかくなり、瓦を止めているくぎが外れてしまいます。

その状態で強風にあおられると、瓦が飛ばされる可能性がグッと上がるでしょう。

雨漏りの発生

屋根塗装の縁切りをしなかっただけでも雨漏りが発生する可能性が十分に考えられます。

    • 天井や壁にシミができ、雨が降るたびに大きくなる
    • 天井や壁クロスの浮き、はがれ
    • 天井から水滴が落ちてくる
    • 床が膨れ上がる
    • 家全体に結露が多くなる
    • ふすまや障子が波打つ
    • 耳を澄ますと水滴の落ちる音が聞こえる

     

    上記のような状態の場合は早急に相談しましょう!!

     

    また先ほどタスペーサーを「絶対条件ではない」と書きましたが
    実は必要じゃない場合があるのです。

    ■屋根に4mm以上の隙間がある場合■

    この場合は縁切りによるタスペーサーが必要ありません。

    隙間が広いためタスペーサー自体を挿入しても固定されず落ちてきます。

    また同じ1軒の家においてすべての屋根にタスペーサーが必要かと言えばそうでもありません。

    例えば紫外線の当たる方角の屋根は反ってくるので自然と隙間が空き

    タスペーサーは不要だけど他の方角の屋根は隙間がないのでタスペーサーが必要だという具合です。

     

     

    最後に…

     

    屋根塗装を行う際、縁切り作業・タスペーサーという項目が見積り項目になく不安に思う

    お客様もいらっしゃると思います。

     

    縁切り作業・タスペーサーがない=手抜き工事

     

    ではなく職人が判断していますので、その際はリズムペイントにご相談下さい!!

    自信をもって工事を提供いたします(*^^*)

    鎌倉市、逗子市で外壁塗装・屋根塗装をお考えの方、ご相談はこちらから☆

     

     

    鎌倉市、逗子市の皆様

    引き続き地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店、リズムペイントを宜しくお願い致します!

     

    鎌倉市・逗子市・藤沢市地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店のリズムペイントがこの度インスタグラムをはじめました!ぜひフォローをお願いします

    鎌倉市・逗子市・藤沢市地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店のリズムペイント自慢の施工事例はこちらから!

    鎌倉市・逗子市・藤沢市地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店リズムペイント自慢のお客様の声はこちらから!

    鎌倉市・逗子市・藤沢市地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店のリズムペイント自慢のショールームについてはこちらから!!

    鎌倉市・逗子市・藤沢市地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店リズムペイントへのお問い合わせ・ご相談はこちらから!!

    引き続き鎌倉市・逗子市・藤沢市地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店、リズムペイントを宜しくお願い致します!

    ブログ監修

    鎌倉市・藤沢市・逗子市の外壁塗装・屋根塗装専門店

    「お客様に喜んでもらえる仕事がしたい」

    私がこの世界に最初に携わったのは高校生の頃、塗装に携わるアルバイトをしたことがとても楽しかったことを記憶しています。
    その経験から、高校卒業後は「塗装に携わる職に就きたい」と思い、鉄骨屋の専門塗装員として3年間勤めました。

    その後、地元鎌倉に戻り、戸建てやマンション、アパートなど住宅関係を主に塗装する建築塗装に転職したことが今の私の人生に繋がります。

    建築塗装という仕事は、お客様と打ち合わせをしながら、「どんな色のどんな家にしたいか」などのご要望を伺い、住環境に応じたご提案をしながら実際に塗装していきます。
    よい仕事をした後にはお客様の笑顔を見ることができ、感謝の声を直接頂くことができます。
    このお客様と直接話し、生の声が聞くことが出来る、鉄骨屋の塗装員のときにはあまり感じることのなかった「人対人」という仕事に対し、私はとても充実感を得られ、お客様に感謝されることに喜びとやりがいを感じ、「人に喜ばれる仕事を続けていきたい、よしこの道でいこう!」と今後の人生を心に決めました。

    新築のように生まれ変わった家を見た施主様の奥様が、目に涙を浮かべながら「ありがとう」と感謝の言葉を言われたときのことは、今もこの先も忘れることはありません。

    その後27歳のときに独立開業、希望を持って始めてはみましたが、最初はなかなか仕事もなく、知り合いの水道工事や解体工事を手伝いながらなんとか生活をしていました。
    塗装が好きで開業したはずが、塗装すらもできていない状況に不安と焦りが募り、何とかしなくてはと、始めて一人で営業をしてはみましたがすべて空振りです。

    そんな日々を送り続けていたときに知り合いのリフォーム店から塗装の仕事を頂くことができました。
    久しぶりの塗装の仕事に心が躍ったことも覚えています。
    そこから少しずつですが施主様のご紹介や、施工しているお宅の近隣の方からも声をかけられるようになり塗装の仕事が増えはじめ、人と人との繋がりの大切さに気付きました。

    そして30歳のときにようやく法人化し、社名を「ユウジニアス」と命名。ユウジニアスとは私の名(雄二)が、「明日も明後日も明々後日も、塗装の仕事がいつまでも出来ますように!(ユウジニアス=雄二に明日)」と願いを込めて付けた社名です。

    個人的にはとても気にいっているユウジニアスという社名ですが(笑)、「おたくは何屋さんだかよくわからない」というご指摘を多くいただきまして・・・。

    そこで考え抜いた末、私たちが塗装や塗り直しをさせていただくことで、お客様の住空間をより快適にしたい!という意味を込め、

    【リ⇒再生(改修)】【ズム⇒住む(住空間)】【ペイント⇒塗装】=「リズムペイント」

    という屋号をつけました。

    株式会社ユウジニアス 代表取締役 石田 雄二
    • ショールーム アクセスマップ

      ショールーム

      〒247-0064 神奈川県鎌倉市寺分214-10
      フリーダイヤル:0120-104-056
      FAX:0467-53-8410
      営業時間 9:00~18:00(日曜・年末年始定休)

      ショールームについて詳しくはコチラ

      相談無料 見積無料 診断無料 お気軽にお電話ください

      0120-104-056
      受付時間 9:00~18:00(日曜・年末年始定休)

      無料お見積依頼

      絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

    来店予約 外壁塗装ショールームへお越しください。 外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション

    お見積・資料請求はこちらから

    0120-104-056 受付 9:00~18:00(日曜・年末年始定休)

    お問い合わせフォーム

    リズムペイント 鎌倉市・藤沢市・逗子市の外壁塗装・屋根・雨漏り専門店リズムペイント

    〒247-0064
    神奈川県鎌倉市寺分214-10
    TEL:0120-104-056