こちらは完成後です。
施工前です。
屋根を高圧洗浄していきます。
外壁を高圧洗浄していきます。
シーリングを撤去していきます。
シーリング前のプライマーを塗っていきます。
シーリングを打ち込みます。
鉄部を研磨して塗料を定着させやすくします。
そして付帯部にサビ止めを塗っていきます。
鉄部の上塗り1回目です。
鉄部の上塗り2回目です。
付帯部の上塗り1回目です。
付帯部の上塗り2回目です。
下塗りのシーラーを塗っていきます。
外壁の上塗りをしていきます。
外壁の上塗り2回目です。
外壁の塗装後です。
鉄部のサビ止めをしていきます。
鉄部の上塗り1回目です。
鉄部の上塗り2回目です。
鉄部をケレンで磨いて塗料を定着させやすくします。
サビ止めを塗っていきます。
鉄部の上塗り1回目です。
鉄部の上塗り2回目です。
今回ご紹介するのは、鎌倉市M様邸の外壁塗装施工事例です。
M様邸は、デザイン性の高い凹凸の外壁のため
塗りムラが出ないようにしっかりと塗っていきます。
まずは高圧洗浄をしてから、
外壁はシーラーという下塗り材を塗り 上塗り材を塗っていきます。
このシーラーをしっかりと塗らないと、
上塗り材も定着せず、 塗料が長持ちしません。
なので塗料をしっかりと定着するように塗っていきます。
そして上塗り材には、
超低汚染リファイン1000MF-IRという塗料を塗っていきます。
こちらの塗料は、綿密性が高く
水と一緒に汚れを落としてくれる効果が期待できます。
そのため、塗面のきれいな状態を長期間保つことができます。
こちらを2度塗りして塗料の性能を最大限発揮します。
付帯部にはサビ止めを塗ってから、
フッソUVコート溶剤という塗料を塗っていきます。
こちらの塗料は対候性に優れており、
雨やサビに強く、 付帯部をしっかりとカバーして、
塗面のきれいな状態を長期間保つことができます。
今回M様邸はブラウン系の外壁から
落ち着いた明るさのホワイト系のお色に変更されました。
新たなお気持ちでお過ごしいただけますようお祈りしております。
M様この度はご依頼いただきまして、誠にありがとうございました。
また何かございましたらいつでもご相談お待ちしております。
施工種別 外壁塗装, 屋根塗装
地域 鎌倉市
塗料別 その他
工事内容 外壁サイディング塗装 屋根板金塗装 付帯部塗装
施工面積 外壁:225㎡
施工期間 約30日間
使用材料 外壁:超低汚染リファイン1000MF-IR
付帯部:フッソUVコート溶剤