2019.10.09

こんにちは!

本日は引き続き鎌倉市N様邸の施工の模様をお伝え致します。

本日ははひび割れの補修の模様をご紹介します。

まずは施工前の写真です。

ここからUカット工法を行います。

 

コンクリートに生じたひび割れを幅10mm、

深さ10mm~15mmほどU字に掘削し、シーリングを充填する方法のことです。

そして下塗りのプライマーを行います。

そこからシーリングで補填していきます。

このシーリングは伸びがよく、水の侵入を防ぐ効果があります。

ひび割れ以外でも窓サッシなどにも使います。

このように塗装前にはシーリング施工が欠かせない工程となっています。

本日のご紹介はここまでです。

次回の更新をお楽しみに!